色々な種類のドア・ドアノブ交換

標準

ドア・ドアノブ交換をしよう
普段の生活で何気なく使っているドア主な使用用途は、部屋の入り口や建物の防犯ですが、備え付けのドアやドアノブ交換をする事によってデザインや機能性を高めることがで防犯面や生活面の充実を図ることができます。今回は機能面に優れたドア・ドアノブを紹介したいと思います。気に入ったものがあれば1度ドアノブ交換を検討してみる事をお勧めします。

機能性の高いドア・ドアノブ交換
例えば防音機能に優れらドアは寝室などに使用すれば静かで快適な眠りに付く事ができます。しかしドア・ドアノブ交換だけではカラオケ用ルームなど大きな音が出る部屋には十分に効果を発揮しない場合もありるのでドア・ドアノブ交換を行う場合は使用用途を良く考えてから行う事をお勧めします。スライド式のドアに交換すれば、車椅子に乗った方でも楽に開閉する事ができ、ドアノブも取っ手式にすれば更に開閉は楽になりバリアフリー機能に優れた家に変身します。現在の生活状況を把握して、自分の生活に合ったドア・ドアノブ交換を行えば日々の生活が快適になることでしょう。

防犯性の高いドアノブ交換
泥棒はガラスを割ったりドアの鍵を開けて進入してきます。ガラスに関しては、丈夫で割れにくいものや雨戸を閉めるなどの有効な対策がありますが、残念ながらドアのピッキングが不可能なドアノブは一般的に普及していません。しかし、泥棒は侵入までに10分以上掛かる家は敬遠視しやすいようで、ピッキングに非常に時間がかかるタイプのドアノブがあります。このタイプにドアノブ交換しておけば、ドアノブをみた泥棒が侵入を試みる前や途中で諦める可能性が高いです。そうなればドアノブ交換した甲斐があるというものですね。

安心しないようにしてください

標準

人が多い地域だからといって安心しないように

住宅に侵入する泥棒と聞くと、閑静な住宅街に侵入する泥棒をイメージされるのではないでしょうか? 中には大胆な行動を取る泥棒もいますので、人が多い地域でも、住宅に侵入するケースもあります。

周りの人はあまり注意力を払わない場合もあります

人が多い地域だけに限らないかもしれませんが、もし、泥棒が玄関にいても、人によっては住宅の周りに注意力を払わない場合もあるんじゃないでしょうか? なので、人が多い地域だからといって、玄関扉のドアノブが壊れているのを放置しないようにしましょう。

早いうちにドアノブ修理、ドアノブ交換を

いつ、泥棒に入られてしまうか分からないので、ドアノブ修理、ドアノブ交換をお願いしたい方がいらっしゃいましたら、早いうちに専門業者までお問い合わせした方がいいでしょう。泥棒の中には、狙った住宅を見えないところから見張っているケースはよくあります。もし、ドアノブが壊れている状況を泥棒に知られてしまうと、タイミングを見計って住宅に入られることも珍しくはないのです。ですので、ドアノブ修理とドアノブ交換は早い方がいいですね。例えば、ドアノブが壊れたのをキッカケに、新しいドアノブに交換して、防犯性を高めることもできます。ドアノブにも色々と種類がありますので、ご自分が気にいったドアノブがあれば、専門業者にドアノブの交換をお願いしてみることをオススメいたします。皆さんが防犯性を高めることを意識すれば、侵入被害も減るのではないでしょうか。

ドアノブ交換やドアノブ修理とともに防犯性を高める

標準

家の鍵が回らなくなってしまったり鍵がうまく引き抜けなくなったりしていませんか?
そんなときは鍵に原因があると思いがちですが、実は鍵ではなくドアノブに原因があるかもしれません。
そういう時はドアノブ修理やドアノブ交換をして、鍵が閉まらなくて出掛けられない、というような困った事態になることを回避しましょう。例えばドアノブ交換やドアノブ修理をする時に、一緒におすすめしたいのが防犯性を高めるドアノブ修理、ドアノブ交換を
行なうことです。ドアの不調も改善されて防犯性も高まるとなるということないですよね。
例えば防犯性の高い鍵の一つにキーレックスがあります。このキーレックスは補助錠としてすでにある鍵にプラスして使用するものですが
ピッキングに対しての防犯性、破壊に対しての防犯性が非常に高いので、ドアノブ修理やドアノブ交換の時に一緒に取り付けてもらうのに便利です。暗証番号で解除するタイプなので鍵をもう一つ持ち運ぶ必要がないというのも人気の理由です。
ドアノブ修理やドアノブ交換は、いざ壊れてしまってから行なおうとすると非常に厄介です。なぜならドアが壊れていたりドアが閉まらない状態で出かけることはできないからです。どんなに急な用事があったとしても、業者に依頼して、その業者が都合をつけてできるだけ早く来てくれるのを待つしかありません。早く来てくれたところですぐにドアノブ修理が完了するとも限りませんし、ドアノブ交換になる場合には
さらに時間が必要です。ドアノブ修理やドアノブ交換はできるだけ早い段階で依頼しましょう。

防犯性も兼ねたドア修理・ドア交換

標準

普段自宅で何気なく使用しているドアについて、どれくらい注意を払っていますか?
ドアは自宅の中でも非常に重要な部分を占めます。ドアがあるからこそ外部の侵入者から自宅を守れると言っても
過言ではありません。そのドアの中でも非常に重要なのがドアノブです。
ドアノブは毎日何回も使用するものなので、使い続けていると緩んできたり消耗したりして通常通りに動かなくなる場合があります。
そんな時にはドアノブ修理、ドアノブ交換が必要です。
例えばドアノブが空転してしまったり回らなくなってしまった時、ドアノブの専門業者に依頼をするとドアノブ修理やドアノブ交換を
行ってくれます。ドアノブ交換の場合には、今までカギが付いていなかった部屋の中のドアノブにカギを取り付けるなどの処置も
可能なので、一度相談してみるのがおすすめです。
もう一つお勧めなのが、ドアノブ修理やドアノブ交換の時に同時に防犯性を高めるドアノブ修理・ドアノブ交換をするということです。
「丸筒錠」や「インテグラル錠」などでも、ピッキングがされにくいようなシリンダーに改良されているので、そういったものを採用することで空き巣被害にあう確率をぐんと減らすことができます。
また、メインの鍵とは別に補助錠を取り付けるなどの措置も有効です。これは視覚的にも非常に効果の高い対処法なので
ドアノブ修理やドアノブ交換をする時に防犯性を高めたいと思うのならば非常におすすめの対処法です。