一人でドアノブ交換を行うには

標準

ドアノブ交換の前に

ドアノブ交換やドアノブ修理をしたい方は、まずドアノブを分解する前にドアノブ交換やドアノブ修理について知っておかなくてはならないことがあります。ドアノブの種類は様々です。それぞれ寸法や部品も違うため、ドアノブ交換やドアノブ修理をするためには今まで使っていたドアノブと同じサイズのものを探して取り替えなくてはなりません。
ホームセンターなどで売られているドアノブを買ってくれば簡単にドアノブ交換やドアノブ修理が出来るというわけではありません。またドアノブ交換やドアノブ修理のために道具もいくつか揃えなくてはなりません。

ドアノブ交換の難しさ

ドアノブ交換をする際に、今まで使っていたドアノブを一度全て取り外さなくてはいけません。
ドアノブ交換をするためにドライバーを片手で使いながら、片手で部品を抑えるというのは至難の業です。
仮にドアノブ交換の際にドアノブの取り外しが上手くいっても、ドアノブを取り付けるのが難しくなってきます。
ドアノブ修理も部品を一つだけ外して、安定しないネジを支えながらの作業は大変なものです。
一人でドアノブ交換やドアノブ修理をしなくてはいけない時は、ドアノブ交換やドアノブ修理のし易いドアノブに交換しましょう。部品が多くなるほどドアノブ交換は難しくなってきます。

ドアノブ交換やドアノブ修理はプロにお願いしよう

ドアノブ交換やドアノブ修理は道具を買い揃えたり、部品の長さを測ったりするだけで大変です。
ドアノブ交換やドアノブ修理はプロにお任せしても良いかもしれません。

ドアノブの錆にご注意を!

標準

使えなくなるととっても不便です

ドアに必ず取り付けられているのがドアノブ。
当たり前のように取り付けられているので、
「もしドアノブがなかったら・・・」という想像をされることはなかなかないのではないでしょうか?
ですが、ドアノブも長い年月が経ってしまうと、何かしらの不調で故障してしまう可能性があるのです。
そういったケースが発生してしまったら、早いうちにドアノブ修理に特化した専門業者にご依頼する必要がありますが、
故障を誘発するケースの一つが錆になります。

ドアノブに錆

例えば、浴室に取り付けられているドアノブに錆ができてしまう場合があります。
これは主に湿気が原因のようです。
何故なら浴室というのは水とお湯を大量に使う場所。
それだけ湿気が多く発生するので、錆もできやすくなってしまうのです。
もし、ドアノブに錆ができてそのまま放置してしまうと、
最悪の場合、浴室の中に閉じ込められてしまう恐れがないとは言えません。
ですので、もしほんの少しでもドアノブの回転が悪くなっていましたら、
それは錆が原因である可能性が高いです。
上記で挙げた最悪の場合を想定して、一刻も早くドアノブ修理を業者にお願いするようにしましょう。

いつドアノブが故障するか分かりません

ドアノブの故障はいつ起こるかは決まっていません。中には数年程度で故障してしまうこともありますし、
逆に数十年持つこともあるようです。
いつ故障が発生するのかが分からないということは、明日いきなりドアノブが故障する可能性もあるということです。
ですので、ドアノブ修理は早めにお願いしましょうということなのです。

壊されないドアノブに

標準

ドアで区別する
ドア、特に玄関ドアは家と外部を区切る重要な部分を占めています。玄関ドアを一歩入ればプライベート空間であり、玄関ドアの向こうはパブリック空間。ですから勝手にプライベート空間に侵入してくる者をしっかりシャットアウトしなければ、大事な命や財産を守ることができません。そういう意味でもドアはとても重要なアイテムです。

シリンダー錠には注意
さて、その重要なドアには必ず錠前が付けられているはずです。みなさんの玄関ドアはどのような錠前でしょうか。2000年頃に流行していた錠前に「シリンダー錠」という錠前がありますが、これは比較的開錠が簡単で、プロの手ににかかればヘアピン一つであっという間に開錠出来てしまう脆弱さがあります。もしこの古いタイプの錠前をまだ使っているようでしたら、一刻も早く防犯性の高いものに交換されることを強くお薦めします。鍵を掛けていて掛けていないのと同じことだからです。

ドアノブ交換もしましょう
ところで開錠には強い錠前を取り付けているという方も安心しきってしまうのは危険です。何故なら錠前をカチャカチャと開けようとする空き巣ばかりではないからです。中にはドアノブを強引に壊して、そこから手を入れて鍵を開けてしまうようなケースも実際にあります。こうなってしまっては、いくら高機能な錠前を取り付けていても無意味です。ですから、防犯性の高い錠前に交換するのと同時に、ドアノブも簡単には壊れないよう丈夫なものに交換するようにしましょう。

防犯にもイメチェンにもドアノブ交換

標準

ドアノブ交換をすれば

ドアノブ交換は至る所で度々おすすめされています。
最近はピッキングが上手くいかないと、ドアノブを壊して中に進入するといった空き巣が多発しているのです。そのためドアノブ交換の必要性が高まっています。
一度空き巣などにドアノブを壊されてしまったら、ドアノブ交換をしましょう。
ドアノブ交換をする時は防犯性も考えてドアノブ交換をしたいものです。
ドアノブ修理もいいのですが、同じ手口でまたドアノブを壊されないためにも、
ドアノブ交換をする方がいいのです。

おしゃれにはドアノブ交換

家のインテリアを考える時に、細部までこだわる人はしっかりとドアノブ交換を行っています。
北欧スタイルが、最近では大変流行っているために、自分でプチリフォームをするひとが女性にも増えています。
その工具を使えば簡単にドアノブ交換が出来るために、インターネットなどでドアノブを購入して、自分でドアノブ交換するのです。ドアノブ交換をすると、雰囲気に統一感が出るために、家のドアノブはそのままにせず、是非ドアノブ交換をおすすめします。

ドアノブ交換はプロにお任せしよう

確かにドアノブ交換を自分でする人も多い中、細かい作業が苦手な方や、工具を使うことが苦手な方にとっては、ドアノブ交換を一人で行うのは困難なので、是非プロにドアノブ交換をお任せするべきです。
ドアノブ交換だけでなく、単純にドアが壊れてしまった時も、ドアノブ修理をしてもらうことによって、今までどおり使うことが出来ることもあります。プロにドアノブ交換やドアノブ修理をお願いしましょう。

ドアノブを交換・修理することで、様々な効果があります。

標準

不具合の改善

ドアノブも使い続けていれば、様々な部分に不具合が出てきます。例えば立て付けが悪くなりガタガタする。ドアノブの回転に遊びが出来るなど、内容も様々です。そのような時にドアノブ修理やドアノブ交換を行なうことで、今起こっているドアノブの不具合を修繕する事ができます。また、ドアノブ交換には最新の設備を取り入れるというメリットも存在するので、ドアノブ修理が難しい、古いタイプのドアノブを使い続けている場合などは、ドアノブ交換を検討してはいかがでしょう?

防犯性の強化

現在ドアノブにも様々な種類のものが販売されており、中にはお部屋の防犯性能を高める働きをしてくれるドアノブも存在します。例えば鍵穴隠せるタイプにドアノブ交換することで、ピッキングによる侵入を防ぐことが出来ますし、鍵をかけ忘れを音と光で知らせてくれるタイプにドアノブ交換すれば鍵のかけ忘れを防ぐこともできるのです。このようにドアノブ交換には防犯性能を強化する効果も期待することが出来るのです。しかし、防犯性能を高めるドアノブも故障していては効果を発揮することができないので、ドアノブが故障している時にはドアノブ修理を行いましょう。

最新のドアノブ事情を知っておく

ドアノブ交換を検討する時には、最新のドアノブ事情について調べてみてはいかがでしょうか?現在のドアノブは、防犯性・利便性・デザイン性など、様々な方向に特化したタイプのドアノブが存在しまし。事前にドアノブ事情を調べておくことで、自分の気に入ったドアノブを見つけることが出来るかもしれません。

ドア交換も大事です

標準

ドアは防犯の基本
空き巣が後を絶ちません。空き巣の6割が窓からの侵入と言いますから、窓が少ないマンション暮らしの人、或いはタワーマンションなどの高層階に住む人はつい安心してドアの防犯意識をなくしてしまいがちです。しかし空き巣は逆に、そんな無防備なマンション暮らしのドアを狙っているのです。どんな住まいであってもドアは防犯の基本です。気を抜くことなくドアにもしっかり防犯対策をするようにしましょう。もしドアやドアノブに不具合があるようでしたら、すぐにでも修理或いは交換をすることをお薦めします。

ドアノブについて
ところでドアの防犯性だけを追求すれば、カギをいくつもつけたり、電子鍵システムや指紋認証などの最新カギシステムを導入すればいいかもしれません。空き巣にはいられることを考えたら仕方ない部分もありますが、しかしあまりにも厳重すぎる防犯は、折角のドアのイメージを壊してしまいます。ドアは住まいの顔であり家の印象を決めるアイテムの一つですから、物々しいものにはしたくありません。そこで最近では、デザイン性の高い「ドアノブ」が少しずつではありますが増えてきているようです。鍵は厳重にしかし見た目はデザイン的に。そういうことも可能になってきています。ドアノブを交換する人はもしかしたら少数かもしれませんが、個性的で面白いことかもしれません。一度試してみてはどうでしょうか。

ドアの交換も大事です
防犯を考える時にはドアノブやカギだけに目が行きがちですが、ドア自身が錆びていたり、グラついていてはカギの意味もありません。時々ドアのメンテナンスもしながらドア全体で防犯性を高めていくようにしましょう。

適材適所のドアノブを

標準

場所に合わせて機能を選ぶ

現在様々な種類のドアノブが販売せれています。その種類や機能は沢山あり、目的に合わせてドアノブ交換を行うことができるようになりました。
空き巣や不審者の侵入を防ぐために防犯機能が優れているもの。バリアフリーを考え楽に開閉が出来るもの、お部屋の環境や目的に合わせて自分にあったドアノブ交換を行うことで安全な生活や快適な生活を手に入れることが出来るかもしれませんので、一度ドアノブ交換を行うことを検討してみてはいかがでしょうか?ドアノブの詳しい機能や種類はインターネット利用することで簡単に調べることができます。

デザイン性に優れたドアノブ

快適な生活や、安全な生活を手に入れるため意外にでもドアノブ交換を事が出来ます。お部屋のインテリアにこだわっている方にもドアノブ交換はお勧めです。最近ではアンティーク調に作られたドアノブやガラスや木で作られたドアノブも販売されておりお部屋のデザインに合わせて自由にドアノブ交換ができるようになっています。ドアノブ交換を行うことでお部屋により統一感がでておしゃれな部屋づくりに拍車がかかります。

長く使うために

せっかくドアノブ交換を行ったのですから長く使いたいものです。しかしドアノブも劣化や破損をしてしまう場合があります。そんな時はドアノブ修理を行うことで壊れたドアノブが使用できるようになります。気に入ったドアノブを長く使いつづける為にも壊れたドアノブは修理を行うことをおすすめします。

ドアノブのトラブルはいつでも発生するものです

標準

毎日使うドアノブ

ドアノブは毎日使う物なので、それだけドアノブが故障する可能性はあります。ドアノブが無いだけでドアを開けることが難しくなってしまいますので、普段何気なく使っているドアノブですが、改めて考えると、ドアノブは必要不可欠な物と言えますよね。ちなみに、ドアノブのトラブルは、下記のようなことも考えられます。

ネコがドアノブをガチャガチャ

お住まいの住宅でネコを飼われている方は、ネコがレバータイプのドアノブをガチャガチャしているところをお見かけしたことはありますか? ネコはとっても可愛い生き物で、何をしていても可愛いものですが、ドアノブをガチャガチャとし続けているうちにドアノブが外れる可能性はあるかもしれません。特に古くなったりサビたドアノブなら、その可能性は高いかもしれませんね。このように、ドアノブが故障する可能性はいくらでも考えられるのです。なので、もし、ドアノブ修理、ドアノブ交換の必要性が出てきましたら、早め早めに業者の方にお願いすることをオススメいたします。

より確実にドアノブ修理・交換をするなら

でも、中には業者に頼むより、自分でやった方がいいんじゃないかとお悩みになられる方がいらっしゃると思います。でも、ドアノブ修理とドアノブ交換を間違った方法でやってしまうと、それだけややこしくなってしまいます。なので、より確実にドアノブ修理・交換をするならば、プロフェッショナルである専門業者にお任せした方が一番良いのではないでしょうか。

ドアノブ交換の目的

標準

ドアノブのトラブルに合った場合

カギが回らなくなったり、ドアノブがとれてしまったりとドアノブのトラブルには様々な物がありますが、ドアノブのトラブルにあった場合、ドアノブ修理やドアノブ交換を行う必要があります。ちょっとしたトラブルでも放置しておくと重大なトラブルに発展する可能性もありますので、ドアノブに異変を感じた場合、すぐにドアノブ交換や、ドアノブ修理を行うことをおすすめします。

ドアノブの老朽化や劣化

ドアノブが老朽化、劣化していると、ドアノブのトラブルが起こってしまう可能性が高くなります。ドアノブが老朽化していたり、劣化していたりする場合は早急にドアノブ修理やドアノブ交換を行うことをおすすめします。一般的に言われているドアノブの寿命は10~15年だと言われています。それ以上ドアノブを使用している方は一度、ドアノブ修理やドアノブ交換を検討してみてはいかがでしょうか?

防犯性を高める

最近では防犯能力の高いドアノブも開発されています。空き巣による被害や不審者が侵入してくる確率を下げる為に防犯タイプのドアノブへドアノブ交換を行う方が増えてきているようです。特に女性の一人暮らしなどはドアノブを交換することにより今までより安心して生活を送れるのではないのでしょうか?また、近所で空き巣被害が合った場合あなたの家も空き巣に狙われている可能性もありますので、防犯タイプのドアノブへドアノブ交換を行うことをおすすめします。

思いがけないトラブル

標準

ドアノブについて

ドアにドアノブが取付けられているのは当たり前ですが、ドアノブが取り付けられているか取り付けられていないかで、その便利さには大きな差が出てくると思います。もしドアノブが取り付けられていないと、そのドアを開けることもままなりません。そんなドアノブがもし壊れてしまったら・・・と思うと、大変ですよね。でも、残念ながら、ドアノブが壊れてしまうケースは結構あるのです。なので、ご自分が使われているドアは大丈夫と思わないようにしましょう。普段からドアノブがいつ壊れてしまってもおかしくないという心掛けを持つことで、いくらか余裕な気持ちを持つことができると思います。

ドアノブをいじってドアを開けるネコ

室内でネコを飼われているご家庭で、ネコが直接ドアノブをいじってドアを開けるケースもあります。これは、レバータイプのドアノブしかできないことなのですが、そのネコは背を伸ばしてドアノブを下に押してドアを開けます。なかなか器用ですが、押す側でしか開けることができないので、引く側の場合、ネコは何度も何度もドアノブをいじったりします。それだけでそう簡単にドアノブが壊れるのは考えにくいですが、もしかしたら、何度もドアノブをいじるせいで、ドアノブが取れてしまう可能性もなくはないかもしれません。

早いうちに専門業者まで

早いうちにドアノブは修理するに越したことはないので、ドアノブ修理とドアノブ交換に対応した専門業者までご相談しましょう。