ドアノブも家具の1つ

標準

ドアノブはいつも傍にいる

故障したわけでもないのにドアノブ交換をしたいと考えた事がある方は、あまりいないと思います。ドアノブ交換はあくまで故障した時の対処ではありますが、ドアノブは一軒家にもマンションにも、必ず存在します。必ず我々の目で確認できる所にドアノブが存在するのです。そんなドアノブが掃除もされずに放置されていると、なんだか気が滅入ってしまいます。ドアノブは必ず人が触れる場所なので、電源スイッチなども含めて菌が付着しやすい場所といわれていますので、定期的に掃除し、汚れが目立ってきたなと思ったらドアノブ交換するのもいいと思います。

インテリアにもなる

部屋の模様替えをお考えならば、ぜひドアノブ交換して新しいものに変えましょう。ドアノブには、人の顔の形をしたドアノブや猫の形をしたドアノブもあります。お金持ちの家についていそうな金色のドアノブもありますので、模様替えの為にドアノブ交換するのも良いです。ドアノブ交換すれば、この様な様々な魅力あるものにドアノブ交換できるのです。一部にはドアノブ愛好家の方々もいて、ドアノブ交換して新しいドアノブと記念撮影した写真もネット上で確認できるほど、ドアノブは魅力的なのです。

ドアノブは大事に扱いましょう

ドアノブは長年使うとどうしても劣化してきてしますので、不調を感じたらドアノブ交換する必要が出てきます。また、乱暴に扱っていると内部の破損にもつながるので、ドアノブ交換せずに使い続けたのならば、丁寧な扱いと定期的な掃除を心がけてください。もし壊れたらドアノブ交換の業者へ依頼して修理してもらいましょう。

ドアノブの劣化

標準

日常に欠かせないもの

会社や家、学校など出入りをするためには必ず「ドア」があります。出入りをするためにドアノブは日常の中で無意識に何十回と触っているものです。ドアノブはドアを開けるのに必要な設備品ですが、毎日使っていると劣化してきます。ドアノブも消耗品と考えてください。毎日の生活に欠かせないドアノブですが必ず経年劣化やドアノブ修理、ドアノブ交換が必要になってしまう時がくるので、ドアノブの重要性を改めて見直し、修理や異常を発見してしまったらいち早く業者の方にドアノブ修理や交換を相談することが先決です。

鍵付きドアノブの種類

ほとんどのドアノブには鍵が付いています。ドアノブがおかしくなってしまった場合は鍵も使えなくなります。ノブと鍵は必ず密接な関係です。さて、鍵付きドアノブにはどんな種類があるのかご紹介します。まずは、インテグラル錠です。これは、ノブ丸玉の中心にカギ穴があるタイプでよく勝手口や事務所などのドアについている鍵付きドアノブです。次にチューブラ錠です。必要な機能が1本のチューブ状の箇所に収められているタイプです。ノブは丸玉タイプとレバーハンドルタイプが存在します。ケースロックはノブと鍵穴が別々の箇所に取り付けられておりマンションのドアや住宅の玄関にも使われています。これも丸玉とレバーハンドルタイプがあります。また、トイレや浴室によく使われているのは円筒状のドアノブでボタンで鍵を開けることが出来ます。これはドアノブ交換が非常に楽です。

ドアノブ修理をする

ドアノブは出入りするのに欠かせず、また出入り口は防犯面にも大きく関わりをもちますよね。ドアノブはほとんど鍵が付いているものも多いので開けられなくなってしまったということも起きてしまうかもしれません。ドアノブの異常を感じたら迅速にドアノブ修理を業者に依頼するようにしましょう。故障ついでにドアノブの交換をすればデザインも豊富なので家にあったスタイルのものを選ぶことができ、建物の外観にも大きく影響します。暮らしをよくするためにドアノブ修理、ドアノブ交換は必ずするように心がけましょう。

ドアノブから始めましょう

標準

一番触るものとして
私達の住まい環境にはとても色々な製品が存在しています。私たちは多くの製品によって暮らしを豊かにしているといっても過言ではありません。中でもよく私達が手で触り、最も触れている回数の多いものとしては何が有るのでしょうか。それはドアノブです。ピンと来る方もなかなか少なかったのではないでしょうか。住まいの部屋を区切るドアノブは、実は一番手に取る回数が多い製品となっていて、朝起きた際やリビングに向かう際、玄関から外へ出る際といつも触れているのです。そうしたドアノブであるために、今ご覧になっていることを機会として、ドアノブ交換を検討されてみてはいかがでしょうか。

ドアノブはここまで進化している
ドアノブの交換は、住宅環境の見直しとして行われる最初の一歩とも言えるのです。私たちは何よりも多く触れているものであるため、ドアノブ交換から住まいの見直しが図れることが理由として言えるでしょう。ドアノブ交換をオススメする理由としては、少子高齢化が挙げられます。ご家庭でもそれ以外でも、高齢者が多くなってきたため様々な用途で生活を助けることが出来るドアノブが注目されているのです。ドアノブは捻るタイプと下に押し込むタイプの2種類が存在し、その他にも様々なドアノブが登場しています。若い人たちに人気なものとしてデザインタイプのドアノブ交換が挙げられます。もともと中に埋め込まれているタイプのドアノブは、一度捻る部分を押すとドアノブが飛び出す仕組みになっているため、使用する以外では収納が可能な点から内装イメージをスッキリとしているという印象を空間にもたらしてくれるのです。様々なドアノブ交換をされているご家庭の背景には、一体何が有るのでしょうか。

ドアノブは脆い?
その理由として、ドアノブの劣化が挙げられます。日頃触るものの多くは、ドアノブ交換を定期的に行っていないご家庭では特に耐久度が弱くなっており長い間使用することが出来ません。私達は時として力の入れ具合が大きく変化してしまうため、その生活に合わせてしっかりとした形状で無ければとても長い間使用することが出来なくなってくるからです。ドアノブ交換をする理由としては、劣化が起こり部屋から出られないといった事態を回避することにも繋がります。ドアノブ交換をしていない場合は、ドアノブが急遽動かなくなり、部屋から出られないといったことが最近多く報告されています。時期的にも長年使用してきたドアノブの寿命が尽きたことが挙げられるでしょう。ドアノブ交換を行うことで、そうした事態を未然に防ぎ、高齢者にも優しいドアノブ交換を行えば、より住みやすい環境を築くことが出来るでしょう。私達の住まいの見直しは、ドアノブ交換から始めることが最善の一歩であると言えるのです。よりよいお環境を気づくためにも、ドアノブ交換から始めてみませんか?

ドアノブを見直そう

標準

よく手にするもの
近年、私達の住まい環境はどんどん改善されており、様々な暮らしに役立つものが増えてきました。以前では普通に思えていたものでも、見直してみればより良い状態のものが発見できるかもしれませんね。そんな暮らしの中で私達がよく手にするものとしてドアノブが挙げられます。部屋を仕切ることで、多くのレイアウトを楽しめるだけでなく、室内の空気の循環や冷暖房機器の効果増大など、部屋を仕切るドアは家族のプライベート空間を保つためにも重宝されています。そんなドアについているドアノブは普段からよく触るものですので、長年住まわれている家ではドアノブ交換がオススメされています。

ドアノブが危険?
ドアノブ交換を何故オススメされているのかというと、大まかに2つの利点が挙げられるからです。先ずは1つ目のドアノブの劣化についてお話していきましょう。ドアノブ交換が叫ばれているのは長年使用されてきたご家庭を対象としています。暮らしの中で様々なことが起こり、ストレスやお酒に酔っ払ってしまえば、ついついモノに当たりがちです。家に帰ってくるとドアを勢いよく開けたり、酔っ払って千鳥足の状態でドアノブにもたれかかったりしていませんか?またお子様が元気よくドアノブに触れることなどによって、基本的な耐久度は落ちてしまい内部構造に問題が起きてしまいます。こういったご家庭が少なくないため、ドアノブ交換を行っていなければ、ある日いきなりドアノブの故障により開けられなくなってしまい、部屋から出られないというトラブルにつながってきます。ドアノブ交換はこのようなトラブルを防ぐためにも検討すべき家庭の問題となっています。

高齢の方にも優しいドアノブ
2つ目はドアノブを開けやすい構造にすることです。少子高齢化に伴い、高齢のご家族と一緒に住まわれているご家庭が増えてきました。従来のドアノブでは手首を捻るタイプが多く、モノを持っている時には開けにくい構造でした。近年ではより開けやすい構造として、レバー式にドアノブ交換をした方がいいと言われているのです。レバー式は下に押すだけでロックが解除され、簡単にドアの開け閉めが出来ます。そのため高齢の方にも僅かな力でドアを開けることが可能となり、疲れにくい生活が約束されるのです。このことからドアノブは多くのご家庭で使われてきたものでありながら、改善をするべき対象であることがご理解いただけたかと思います。経年劣化してしまったを、ドアノブ交換によって家族全員が使いやすく疲れにくいものにしていくためにも、ドアノブ交換を検討しましょう。

ドアノブに服が引っかかりケガをしたり…。

標準

皆さんも普段生活をしていて必ずと言っても過言ではない程、ドアノブに手を掛ける事はありますよね。ドアノブとは言っても、色々なタイプの形の物が沢山あります。丸い形をした回すタイプの物から、レバーの形をしていてハンドルのように下へ引くタイプ等、様々です。勿論場合にもよりますが、ドアノブの交換をする際、どういった理由で交換するのか。皆さんはドアノブでケガをした経験はありますか?特に、冬の寒さも本格的になって来ているこの季節。長袖に上着等で手元を隠しがちになりますよね。また、手袋といった防寒具を手元に身に着ける方もいると思われます。そういった時にドアノブに手を掛けた時、ドアノブに服や手袋等が引っかかってしまい、そのまま腕を引いてしまってケガをしてしまった。とゆうケースが少なからずあります。そうなった場合、ドアノブの交換を視野に入れた事はありますか?特にご家族で暮らされている方、子供やお年寄りだとちょっとしたケガでも軽いケガで済まない場合があります。ドアノブに手を掛ける回数なんて1日で数ようとも思わないくらいある方の方が多いと思われますが、その分毎日触れる物となると、こういったケースが起こる可能性も高くなってきます。こんなご経験がある方、一度ドアノブの交換はできるのか?また、どんな形のがあるのか?等、相談してみてはいかがでしょうか?この機会に防犯対策も踏まえて見直してみたり、最近ちょっと開け閉めのがしずらくなってきた。等の故障が見られる場合、ドアノブの修理ついでに・・・と、1つのキッカケでいくつもの予防や対策にも繋がりますよね。毎日手を触れる物には、気を配ればそれだけ快適に過ごせるようになります。ドアノブの交換や修理を行う際は、この様な複数の事故を未然に予防、対策を行えると安心出来ると思います。

ドアノブを回すのにコツがいるようになったら

標準

ドアノブも劣化します
家を建てて時間が経つと、だんだんと傷んできます。ドアをきちんと閉めるためにドアノブの回し方にコツがいる、ドアノブをまわすためにある程度力が必要になってきた、そんなふうにドアノブも家とともに劣化してきます。
コツをつかみさえすればドアノブは機能するという状態ならまだ良いのですが、ある日突然ドアノブが回らなくなってドアを開けることができなくなって閉じ込められたり、家を出ようとしたらドアノブが取れてしまって玄関が開け放された状態で出かけられなくなったら大変です。大急ぎでドアノブ修理やドアノブ交換を手配しなければなりません。

意外に難しいドアノブ交換、ドアノブ修理
いざというときに困った事態に陥らないためには、ドアノブの様子がおかしいと気づいた時点でドアノブ交換、もしくはドアノブ修理をしておくとよいでしょう。DIYが流行っている昨今、ホームセンターに行けばドアノブは売っているし、ネットでドアノブ交換やドアノブ修理の情報もあふれています。しかし、ドアノブ交換やドアノブ修理は簡単ではありません。ドアノブ交換するためには、ドアノブ周りのサイズを正確に測り、メーカー名を確認し、同じ構造のものを探さなければなりません。ドアノブ修理するためには、原因箇所をつきとめ、ドアノブを外し修理後、正確に元に戻さなくてはなりません。下手に触って失敗し、ドアごと交換という最悪の事態も招きかねません。

専門業者に任せて安心
ドアノブ交換、ドアノブ修理を専門に行っている業者は各地にあります。特に玄関ドアは防犯の要です。異常を感じたら早めに業者へ相談したほうがよいでしょう。

ドアノブ交換は自分で?

標準

ドアノブ

ドアにドアノブが取り付けられているのは当たり前。これがないと、私たちは自由にドアを開け閉めすることが出来なくなってしまいます。多くのレストランやホテル、ビルの出入口などには代わりに自動ドアが取り付けられているので、逆にドアノブは不要となりますが、それでも、建物内にはドアノブが取り付けられたドアが使われています。ですから、今後もドアノブによる需要が減ることはないのではないかと予想されます。

壊れる

しかし、ドアノブが劣化してしまうことがあるのはご存知でしょうか?ドアノブが劣化してしまうと、ドアノブを掴んだ瞬間、外れてしまったなんていうケースはよく起きています。ドアノブが外れてしまうと、当然ドアノブの開け閉めが出来なくなってしまいますし、場所によっては閉じ込められてしまう恐れも考えられます。こういったことが起きないよう、壊れたドアノブは早急に新しいドアノブに交換または修理する必要が出てきます。

自分でやる?

中には、ドアノブ交換やドアノブ修理をご自分で行おうとされている方もいらっしゃるようです。確かに、インターネットで調べてみると、ご自分でドアノブ交換・修理を行う方法が掲載されています。でも、一般の方でも行うことが出来るとはいえ、簡単とはいえないので、失敗を招いてしまうと、余計ややこしい事態が発展する恐れもあります。こういったことを恐れているのであれば、専門業者にドアノブ交換・修理を依頼された方が良いかと思います。

ドアノブ修理をするなら

標準

ドアノブ修理は簡単に出来ないものも

ドアノブが壊れてしますと、扉の開け閉めが出来ないため、場所によっては非常に危険です。例えば玄関のドアノブが壊れてしまったら、家を出ることもままならないだけではなく、犯罪者の侵入を許してしまいます。そのため、もしもドアノブが壊れてしまったら、ドアノブ修理、場合によっては丸々ドアノブ交換をすることが必要になります。
ドアノブというのは複雑な構造をしているものがあります。また物によってサイズも違うため、まず各所正確に大きさを測ってから、ドアノブを探して取り付ける必要があります。ドアノブ交換はかなり細かい部品を慎重に組み合わせて行わなくてはならないため、安易にドアノブ交換を進めるのは危険です。

ドアノブ修理は難しい

ドアノブの調子が少しおかしいと感じた時にドアノブ修理を行えば直る場合もありますが、
ドアノブ修理はどこが壊れているかを正確に把握していない場合は行わない方が良いかもしれません。ドアノブ修理をしたことが無いという人はより注意深くなったほうが良いでしょう。

デザインにこだわったドアノブ交換

せっかくドアノブ交換をするなら、デザインにこだわったドアノブ修理をすることもオススメです。今まで握り玉式だったものを、ドアノブ交換してレバー式に変えることも良いでしょう。また、近年インテリアにこだわる人も多いですが、ドアノブの質感にこだわる人も多く、自分でドアノブ交換をしている人もいます。もし自分でドアノブ交換をすることが難しいという人は、業者にドアノブを取り付けてもらうのも良いかもしれません。

閉じ込められてしまう危険性

標準

ドアノブの劣化

今までたくさんお伝えしてきたように、ドアノブは年月が経つことによって劣化が起きてしまうことがあります。ドアノブが劣化すると、サビが発生することもあるので、うまくドアノブが回らなくなったり、ドアノブが取れてしまう場合があります。ドアノブが取れてしまうと、当然ドアを開け閉めすることが出来ないので、早急にドアノブ修理またはドアノブ交換する必要があります。また、ドアノブが壊れてしまうと、室内に閉じ込められてしまう危険性が出てきてしまいます。

室内に閉じ込められる

ドアノブがうまく回らない場合は、なんとかドアノブを回してドアを開けることが出来るかもしれません。でも、ドアノブが取れてしまった場合、そうはいきません。例えば、トイレで用を足し終わった後、ドアノブを回した瞬間ドアノブが取れてしまったとします。そうなると、内側からドアノブを回すことが不可能になり、トイレから出ることが出来なくなってしまいます。窓があるならば、外の誰かに大声で助けを求めることは出来るでしょうが、窓がないトイレだと、大声を出しても外の人に助けを求めることは出来なくなります。実際、過去にトイレに飛び込められるという事件が発生しています。ですので、少しでもドアノブに異常を感じた場合は、すぐにドアノブ修理・ドアノブ交換をされることをオススメいたします。

専門業者にドアノブ修理・交換を

ドアノブ修理とドアノブ交換をしっかりと行う為には、専門業者に依頼するという手があります。日本各地では色んな専門業者がいますが、ドアノブ修理と交換に対応した専門業者もいるのです。是非ご相談してみてください。

壊れやすいドアノブ

標準

ドアノブは、ドアの開け閉めの度に動くパーツですからどうしても故障しやすいパーツになります。また、無理な力を掛けたりするのもその原因となっているようです。
しかし、なんといっても壊れやすいということは、空き巣などの犯罪者にとっても大変ありがたいと思われてしまうものです。
特に、鍵とドアノブが一体型の円筒錠、インテグラル錠を使用する場合は、ドアノブをもぎ取るとドアを簡単に開けることができるので、注意が必要です。

ドアノブは、ドアに開けられた穴に軸を通して、室内側と室外側からネジやピンで止めた握り玉で軸を回転させることでドアの開閉を行うものです。円筒錠の場合は、ドアノブの中に更にシリンダー錠が仕込まれていて、ドアノブのラッチボルトが動かないように固定することで施錠を行います。ラッチボルトを固定するだけですので、ドアノブさえなんとかして排除すれば簡単に開けられます。
ドアノブ1つで空き巣がゆうゆう室内に入ることが出来るなんてなんとも恐ろしい話ですが、こうした簡単な鍵というのは、ガレージや勝手口には数多く使用されていますし、古いアパートでは今でもこの円筒錠がメインの鍵となっている例も少なくないのです。

円筒錠はあくまで補助鍵として扱うか、室外から見えるところに使うのは避けるのが賢明でしょう。
また、円筒錠やインテグラル錠をどうしても外に面するドアに使うときは、窓ガラスを付けない、ドアに補助錠を取り付けて、一つの鍵が壊れてもドアが開けられないようにするということも検討しましょう。