ドアノブ交換のタイミング

標準

ドアノブはいつ交換するもの

ドアノブを交換するというイメージを持つ人は少ないかもしれませんが、実はドアノブを交換したほうがいいタイミングというものは存在します。
タイミングよくドアノブを交換することで、より快適な生活が手に入るかもしれません。
代表的なドアノブ交換の時期と言えば、ドアノブが壊れた時でしょう。壊れたドアノブをそのままにしておいても何もいいことはありませんでので、できるだけ早く交換してしまいましょう。

故障しなくても

ドアノブが故障していなくても、交換したほうがいいドアノブも存在します。例えば勝手口などに取り付けられていることがいいのですが、ドアノブと鍵が一緒になっているタイプのドアノブは防犯性能が非常に低いと言われています。
近年は防犯意識もどんどん上昇していますので、セキュリティーの甘い家は目立ってしまうのです。
ドアノブがセキュリティーの性能を下げているときにもドアノブ交換の時期と言えるでしょう。

耐用年数にも注意

どんなものにも耐用年数とういうものが存在します。耐用年数を超えたものはいつ壊れてもおかしくありません。壊れる前にドアノブ交換をしておきたいという時には耐用年数にも注意が必要です。
ドアノブを交換する際には、材質や形にも注目するといいでしょう。ドアノブの素材が変わればお部屋の雰囲気もかわりますし、形が変われば使い勝手も変わってきます。
大体のドアノブは、住み始めた時から取り付けられているものなので、交換するイメージがないかもしれませんが、必ずタイミングは存在するものなのです。

ドアノブ原因の閉じ込め事故を防ぐために

標準

ガタツキは放置しない
ドアノブのガタツキは、ドアノブが破損して閉じ込められる一歩手前とも言えます。通常ドアノブは、扉の中に埋め込まれているラッチ部分とつながっている軸に差し込まれる形で固定されていますが、。この軸を止めるためのボルトなどが緩むと、ガタツキが出始めます。大抵はドライバー一本あれば補修できるものなので、早めに固定するようにしましょう。

ドアノブの動きが鈍い(引っかかる)場合
ドアノブを動かした時、どこかで止まる、もしくは引っかかり動かなくなる場所がある場合は、ドア内部の軸やラッチの部分に錆が出ていたり、すでに部品が破損している恐れがあります。動いているから良いやと放置すると、すでに壊れている部品が引っかかり、ドアノブを開け閉めできなくなる恐れがありますので、こちらも早めに直しておきましょう。

ドアノブに遊びがある
すでにドアノブが外れかけている場合は、回しても手応えがなく遊びが生まれている場合があります。早めに修理を依頼するのがおすすめです。

異音がする
これも引っかかり同様に、錆や破損が考えられます。普段の音と全く違う音がするという事は、部品同士が擦れあっているということですから、遠からず破損の原因になることが考えられます
この際に、鍵穴の中などに市販の錆取りオイルなどを刺すと症状が悪化する場合がありますので、ご注意ください。
ドアノブのことはドアノブ交換のプロに任せるのがおすすめです。

ドア周りの整備で防犯性向上

標準

玄関ドアは最終防衛線
マンションやアパートでは、玄関ドアが外との出入りに使われる唯一の出入り口ということも珍しくないので、空き巣などはここから侵入するわけですがここの防犯体制が意外と疎かになっていることが多く、まだまだ空き巣被害は絶えないものです。
そこで今回は玄関ドアに出来る防犯対策を幾つかご紹介します。

ドアの大規模改装はできないものです
とは言うものの、玄関ドアを大規模に改装することは殆どできません。徳に賃貸住宅だと出来ることも限られています。
そこで、小さいことでも効果的なものを幾つか挙げていくと、例えばサムターンガードは効果の高いものです。空き巣の侵入手口の一つに、ドアに穴を開けたり、郵便受けから手を突っ込んで室内側の鍵の操作ノブであるサムターンを直接回すことでドアを開けようとする単純な手口ですが、実はこれもかなりの被害を生んでいます。
これを防止するための器具がサムターンガードで、サムターンの周りにカバーを付けることで、簡単に触れられないようにしているものです。
また、郵便受けからの手の侵入を防ぐには、郵便受けに更に受け箱がついていると、妨害効果の高いものになります。直接外から室内が見えなくなるので、不在時狙いの人間に対しても効果的です。

ガードプレート設置もおすすめ
ガードプレートを設置することで、ドア枠とドアの隙間をこじることでドアを解錠する手口にも対応できる場合があります。特に外側から見て鍵のロックボルトが見えてしまうような古い構造のアパートのドアなどはドアガード設置でかなり防犯性が向上する場合がありますので、一度ご検討されてはいかがでしょうか。

ドアノブの防犯性を考える

標準

・握り玉式の危険性

ドアノブの中には昔から存在している握り玉式というものがあります。円柱状のノブを握りそれを回して扉を開ける方式です。馴染みの深い握り玉式ですが、なかには注意が必要なタイプがあります。その1つが握り玉の中央に鍵穴があるタイプです。玄関ではあまり見なくなりましたが、勝手口や倉庫の入り口に使われているのを見ることがあります。このタイプのドアノブは鍵穴と一体化しているため、ドアノブが外れてしまったり、外されてしまったりすると簡単に扉を開けることができるのです。異常を感じた場合はそうなる前にドアノブ修理をオススメします。

・プッシュグリップ方式
戸建の住宅でよく見る方式の扉です。ハンドルに手をかけ軽い力で開くことができるプッシュグリップ方式であれば、力の弱いお年寄りやちいさなお子さんでも簡単に開けることが出来、鍵を2つ取り付けるツーロック式にすることで、防犯性も上がります。基本的に同じ鍵を使うため鍵の管理も楽です。ドアノブでの開け閉めが不便だと思うことがあれば、こういった方式にドアノブ交換しても良いのではないでしょうか。

・電子錠タイプ
最近では一般家庭でも見ることが多くなりました。暗証番号や、登録した指紋などでロックを解除できる電子式のドア錠です。上記のプッシュグリップ方式のドア錠と併用できるため、防犯性を高めたいという方にはオススメです。電子式のため、定期的な電池交換が必要ですが、万が一外出中に電池がけれても、鍵を使い手動で開けることも出来ます。防犯性と機能性に優れたタイプです。

錆には要注意です

標準

色々な手が触れます

ドアノブは色々な手で触れます。皆さまや皆さまの家族、ご友人などの人の違いもありますが、手の状態の違いもあります。冷たい手や暖かい手、乾いた手や濡れた手など様々です。色々な違いがありますが、触れる手によってはドアノブの劣化を早める可能性があります。なるべく長くドアノブを使いたいのでしたら、どういった手がよくドアノブを触れるのかを考えてみましょう。ドアノブ修理やドアノブ交換の頻度を下げることができるかもしれません。

濡れた手には要注意です

色々な手で触れられているドアノブですが、中でも注意しないといけないのが濡れた手です。ドアノブの部分は金属部品が多いですので、濡れた手で触ってしまうとその中に水分が入り込んでしまったことで錆の原因になってしまいます。濡れた手は雨の日であったり、風呂上がりであったりと濡れた手をしている状況は幾つか考えられます。こうした手のままではドアノブに触らないようにしましょう。タオルなどで水分をしっかり拭ってからドアノブに手を置くと、ドアノブを長持ちさせることができるかと思います。

いざという時にはすぐにドアノブ交換

ドアノブが錆びたということは部品などが劣化している可能性が十分に考えられます。そうなるとドアノブを回した途端にどこかの部品が欠けたり、壊れたりする危険性があるのです。そうならないためにも濡れた手などでドアノブを触らないようにするというのは大切なことですが、もしも起こってしまった場合にはすぐにドアノブ交換かドアノブ修理をすることが大切です。ドアノブが壊れてしまっても慌てずにドアノブ修理、ドアノブ交換ができるようにドアノブの調子はよく見ておきましょう。使い勝手が悪くなってきたということでしたらすぐに対処をしましょう。

高齢化とドアノブ

標準

意外と負担になります

ドアノブを回す手の動きは、普段は気にならないかもしれませんが実は手首に負担がかかる動作なのです。若い頃は特に気にしないかもしれませんが、加齢をするたびにやや大変になっていくことが多くなります。関節炎などになってしまうかもしれませんので、少し手首を回すのが大変だということになりましたら一度ドアノブ交換を考えてみてはいかがでしょうか。なかなかドアノブに注目することは少ないかと思いますが、家の出入りや室内の出入りには必ずドアを通り、そしてドアノブを利用します。このドアノブが皆さまの負担になっているのでしたら、じわじわとその影響が出てくることかと思います。それがはっきりと現れる前に手を打っておきましょう。

手を回さないタイプもあります

ドアノブというと、手首を回すものだけではなくハンドルを押すことで開けるタイプのものもあります。こちらの方が手首を使う負担がなくなりますし、若い人にとっても開け閉めがしやすいために非常に便利なタイプとなっています。片手がふさがっていても開けやすいために買い物袋や荷物を持った状態でも簡単に開けることができるのです。こうした便利さを享受するためだけではなく、老後のことを考えてもドアノブ交換を考えてみましょう。他にも皆さまにとって気になるドアノブがあるかもしれません。

業者にまかせてちゃんと取り付けてもらいましょう

ドアノブを新しくするということで、自分でやりたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし下手に取り付けてしまって、ドアノブが使っている時に外れてしまえば出入りができなくなってしまいます。こうしたトラブルを防ぐためにもドアノブ交換は業者におまかせした方が良いでしょう。自分でやってしまうとドアノブ修理をしないといけなくなったり、また新しいものにドアノブ交換をする必要が出るかもしれません。そうならないためにもぜひ業者におまかせください。

ドアノブも劣化してしまいます

標準

日常の生活に欠かせないドアノブ
日常の生活の中で、建物やお部屋の中に入るときに欠かせないのは「ドア」ですよね。ドアにも様々な種類があるかと思いますが、ほとんどのドアには「ドアノブ」がついています。ドアを開けるときにはもちろんそのドアノブをまわさないといけないのですが、日常の生活の中で何回何十回と触っていますよね。ですが、そのドアノブも物なので毎日使用していると劣化してきてしまいます。日常の生活に欠かせないアイテムとなっているドアノブですが、使用頻度や経年劣化によって修理または交換が必要になるときがくるのでドアノブの重要さを改めて理解しましょう。もし、ドアノブにおかしい所を見つけましたらすぐに業者の方に修理または交換をしてもらうことをおススメします。

ドアノブにも様々な種類が
玄関のドアについているほとんどのドアノブには「鍵」がついていますよね。もし、そのドアノブがおかしくなってしまったら鍵も使えなくなってしまいます。では鍵付きのドアノブにはどんな種類があるのでしょうか。事務所や勝手口のドアによく使われている「インテグラル錠」、マンションや住宅のドアによく使われている「チューブラ錠」等、様々なものがあります。

ドアノブ修理をしてみましょう
ドアノブというのは部屋の中と外の出入りをするのに欠かせない物ですよね。もし、そんなドアノブに異常を感じたらすぐに修理をすることをおススメします。自分が出入り出来なくなってしまうというだけでなく、防犯面にも関わってくることですのでドアノブの修理または交換は欠かさずに行うようにしましょう。

汚れビッシリ!ドアノブ

標準

普段お使いのドアノブ

皆さんは、ドアノブ修理やドアノブ交換はどんな時に必要だとお思いですか?きっと、多くの方が「ドアノブが壊れた時」とお答えになるかもしれませんね。確かに、ドアノブはカギと同様「経年劣化」がつきまとっているので、ドアノブが壊れた時は早めにドアノブ修理かまたはドアノブ交換をする必要があります。でも、何もドアノブの劣化は経年だけが原因ではありません。汚れが原因でドアノブが劣化することも考えられるのです。

手垢がたくさん!

ドアノブはドアを開けるために必要な部品ですので、ほとんどのドアノブが使われています。特に玄関は毎日出入りするので、必然的にドアノブも必ず触れることになります。ですから、ドアノブには手垢などの見えない汚れがビッシリ付着しているのです。自分の手垢とは言え、汚れたままのドアノブを使うのは抵抗がありますよね。それに、ドアノブが汚れたままだと、それだけ劣化が早まってしまうこともないとは言えません。ドアノブ修理やドアノブ交換の費用は決して軽くは見られないので、定期的にドアノブをお掃除しておくことがお勧めです。

お掃除でドアノブを長持ち

ドアノブのお掃除で用意するのは、主にスポンジ、雑巾、スプレーになります。まずスポンジを水で濡らした後、ドアノブをこすって汚れを落とします。そして、同じく水で濡らして雑巾をぎゅっと絞り、こすった部分を拭き取ります。最後にアルコールが入ったスプレーを吹きかけておけば、ドアノブは綺麗になります。いかがですか?簡単に文章でお掃除の流れを説明しましたが、実際お掃除も簡単に行えるのです。ドアノブ掃除は必ず毎日しなければならないわけではありません。でも、毎日使うことに変わりはないので、お時間ある時や休日などで、定期的にドアノブを掃除するのが良いでしょう。そうすれば、ドアノブは長持ちしますし、汚れが原因でドアノブ修理・交換が早まる心配もないと思います。もちろん、既に手遅れという場合でも心配いりません。こんな時のためにドアノブ修理・交換に対応した業者が皆さんの代わりに対応してくれます。ご相談すればすぐにドアノブ修理・交換をしてくれるはずなので、最適と思われる業者にドアノブ修理・交換をしてもらうと良いでしょう。

ドアノブを換える意味

標準

ドアノブのトラブルに遭遇してしまったケース
鍵を挿しても回らなくなってしまったり、ドアノブが外れかけてしまったりとドアノブのトラブルというのは多種多様なものがありますが、ドアノブのトラブルに遭遇してしまった場合はドアノブ修理・ドアノブ交換をすることをおススメします。ちょっとしたトラブルの場合、そこまで困らないからといって放置をしてしておくかもしれませんが、後々深刻なトラブルに発展してしまうこともありますので何かしらの異常を感じた場合はすぐに交換・修理することをおススメします。

ドアノブも老朽化・劣化します
ドアノブが老朽化・劣化してしまうと、トラブルが発生してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。ドアノブが回らなくなってしまい、閉じ込められてしまうということもあるでしょう。ですので、すぐに交換・修理することをおススメします。ドアノブの寿命というのは一般的に10~15年ほどだと言われています。もし、その年数以上にドアノブを使用している方は修理・交換することを検討してみるのはいかがでしょうか。

防犯意識を高めるためにも
現代では防犯性の高いドアノブというものが多くあります。泥棒による被害や怪しい人に侵入されてしまうのを未然に防ぐ為に防犯性に優れているドアノブに交換するという人も増えてきているようです。みなさんがお住まいになっている地域では泥棒による被害は発生していませんでしょうか?発生している場合、みなさんの
お家が狙われないとも限りませんので防犯性に優れているドアノブへ交換することをおススメしますよ。

使いやすいドアノブへ

標準

使いにくいものはドアノブ交換へ!

毎日使っているためにあまり意識をしないかもしれませんが、ドアノブも古くなっていきますし、もしかしたら使いにくいものを元々あるという理由でずっと使っているかもしれません。しかし、使いにくいのであればドアノブ交換で新しいものに変えるべきではないでしょうか。皆さまが使っているものよりも使い勝手の良いドアノブが見つかるはずです。それにドアノブ交換をすれば毎日使うものが使いやすくなり、生活も少し楽になります。もしドアノブ交換をせずに同じものをずっと使っている方がいらっしゃいましたら、一度ドアノブ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

意識しない不便さ

ずっと使っているために慣れてしまったかもしれませんが、普段帰宅をする時に手荷物を持っている人にとっては開けにくいドアノブもあることかと思います。しかし、手荷物を持っていても開けやすいドアノブもあり、それにドアノブ交換をすれば荷物を気にしながらドアを開けるということもなくなるでしょう。慣れているからといって使いにくいものを使い続けているのであれば、思い切って使いやすいものにドアノブ交換をしてその使いやすさを体感してみましょう。

高齢になるとより感じます

今は使っていても不便さを感じないかもしれませんが、実は高齢になると手首を回す動きが辛くなってしまうため、回して開けるタイプのドアノブを使うのが大変になってしまうそうです。そこで、押して開けるタイプのドアノブがあれば手首の痛みに我慢をしてドアを開けることもなくなります。高齢になってから変えるのではなく、事前にドアノブ交換をしておくと良いのではないのでしょうか。こうして将来を見越して、使いやすいドアノブにドアノブ交換をしましょう。今使っているドアノブが、ずっと使いやすいという訳ではありません。毎日使うものだからこそ、使いやすいものにドアノブ交換をする意味があるのです。