ドアノブ交換のタイミング

標準

ドアノブはいつ交換するもの

ドアノブを交換するというイメージを持つ人は少ないかもしれませんが、実はドアノブを交換したほうがいいタイミングというものは存在します。
タイミングよくドアノブを交換することで、より快適な生活が手に入るかもしれません。
代表的なドアノブ交換の時期と言えば、ドアノブが壊れた時でしょう。壊れたドアノブをそのままにしておいても何もいいことはありませんでので、できるだけ早く交換してしまいましょう。

故障しなくても

ドアノブが故障していなくても、交換したほうがいいドアノブも存在します。例えば勝手口などに取り付けられていることがいいのですが、ドアノブと鍵が一緒になっているタイプのドアノブは防犯性能が非常に低いと言われています。
近年は防犯意識もどんどん上昇していますので、セキュリティーの甘い家は目立ってしまうのです。
ドアノブがセキュリティーの性能を下げているときにもドアノブ交換の時期と言えるでしょう。

耐用年数にも注意

どんなものにも耐用年数とういうものが存在します。耐用年数を超えたものはいつ壊れてもおかしくありません。壊れる前にドアノブ交換をしておきたいという時には耐用年数にも注意が必要です。
ドアノブを交換する際には、材質や形にも注目するといいでしょう。ドアノブの素材が変わればお部屋の雰囲気もかわりますし、形が変われば使い勝手も変わってきます。
大体のドアノブは、住み始めた時から取り付けられているものなので、交換するイメージがないかもしれませんが、必ずタイミングは存在するものなのです。

ドアノブ原因の閉じ込め事故を防ぐために

標準

ガタツキは放置しない
ドアノブのガタツキは、ドアノブが破損して閉じ込められる一歩手前とも言えます。通常ドアノブは、扉の中に埋め込まれているラッチ部分とつながっている軸に差し込まれる形で固定されていますが、。この軸を止めるためのボルトなどが緩むと、ガタツキが出始めます。大抵はドライバー一本あれば補修できるものなので、早めに固定するようにしましょう。

ドアノブの動きが鈍い(引っかかる)場合
ドアノブを動かした時、どこかで止まる、もしくは引っかかり動かなくなる場所がある場合は、ドア内部の軸やラッチの部分に錆が出ていたり、すでに部品が破損している恐れがあります。動いているから良いやと放置すると、すでに壊れている部品が引っかかり、ドアノブを開け閉めできなくなる恐れがありますので、こちらも早めに直しておきましょう。

ドアノブに遊びがある
すでにドアノブが外れかけている場合は、回しても手応えがなく遊びが生まれている場合があります。早めに修理を依頼するのがおすすめです。

異音がする
これも引っかかり同様に、錆や破損が考えられます。普段の音と全く違う音がするという事は、部品同士が擦れあっているということですから、遠からず破損の原因になることが考えられます
この際に、鍵穴の中などに市販の錆取りオイルなどを刺すと症状が悪化する場合がありますので、ご注意ください。
ドアノブのことはドアノブ交換のプロに任せるのがおすすめです。