高齢化とドアノブ

標準

意外と負担になります

ドアノブを回す手の動きは、普段は気にならないかもしれませんが実は手首に負担がかかる動作なのです。若い頃は特に気にしないかもしれませんが、加齢をするたびにやや大変になっていくことが多くなります。関節炎などになってしまうかもしれませんので、少し手首を回すのが大変だということになりましたら一度ドアノブ交換を考えてみてはいかがでしょうか。なかなかドアノブに注目することは少ないかと思いますが、家の出入りや室内の出入りには必ずドアを通り、そしてドアノブを利用します。このドアノブが皆さまの負担になっているのでしたら、じわじわとその影響が出てくることかと思います。それがはっきりと現れる前に手を打っておきましょう。

手を回さないタイプもあります

ドアノブというと、手首を回すものだけではなくハンドルを押すことで開けるタイプのものもあります。こちらの方が手首を使う負担がなくなりますし、若い人にとっても開け閉めがしやすいために非常に便利なタイプとなっています。片手がふさがっていても開けやすいために買い物袋や荷物を持った状態でも簡単に開けることができるのです。こうした便利さを享受するためだけではなく、老後のことを考えてもドアノブ交換を考えてみましょう。他にも皆さまにとって気になるドアノブがあるかもしれません。

業者にまかせてちゃんと取り付けてもらいましょう

ドアノブを新しくするということで、自分でやりたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし下手に取り付けてしまって、ドアノブが使っている時に外れてしまえば出入りができなくなってしまいます。こうしたトラブルを防ぐためにもドアノブ交換は業者におまかせした方が良いでしょう。自分でやってしまうとドアノブ修理をしないといけなくなったり、また新しいものにドアノブ交換をする必要が出るかもしれません。そうならないためにもぜひ業者におまかせください。