使いやすいドアノブへ

標準

使いにくいものはドアノブ交換へ!

毎日使っているためにあまり意識をしないかもしれませんが、ドアノブも古くなっていきますし、もしかしたら使いにくいものを元々あるという理由でずっと使っているかもしれません。しかし、使いにくいのであればドアノブ交換で新しいものに変えるべきではないでしょうか。皆さまが使っているものよりも使い勝手の良いドアノブが見つかるはずです。それにドアノブ交換をすれば毎日使うものが使いやすくなり、生活も少し楽になります。もしドアノブ交換をせずに同じものをずっと使っている方がいらっしゃいましたら、一度ドアノブ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

意識しない不便さ

ずっと使っているために慣れてしまったかもしれませんが、普段帰宅をする時に手荷物を持っている人にとっては開けにくいドアノブもあることかと思います。しかし、手荷物を持っていても開けやすいドアノブもあり、それにドアノブ交換をすれば荷物を気にしながらドアを開けるということもなくなるでしょう。慣れているからといって使いにくいものを使い続けているのであれば、思い切って使いやすいものにドアノブ交換をしてその使いやすさを体感してみましょう。

高齢になるとより感じます

今は使っていても不便さを感じないかもしれませんが、実は高齢になると手首を回す動きが辛くなってしまうため、回して開けるタイプのドアノブを使うのが大変になってしまうそうです。そこで、押して開けるタイプのドアノブがあれば手首の痛みに我慢をしてドアを開けることもなくなります。高齢になってから変えるのではなく、事前にドアノブ交換をしておくと良いのではないのでしょうか。こうして将来を見越して、使いやすいドアノブにドアノブ交換をしましょう。今使っているドアノブが、ずっと使いやすいという訳ではありません。毎日使うものだからこそ、使いやすいものにドアノブ交換をする意味があるのです。