ドアノブの劣化

標準

日常に欠かせないもの

会社や家、学校など出入りをするためには必ず「ドア」があります。出入りをするためにドアノブは日常の中で無意識に何十回と触っているものです。ドアノブはドアを開けるのに必要な設備品ですが、毎日使っていると劣化してきます。ドアノブも消耗品と考えてください。毎日の生活に欠かせないドアノブですが必ず経年劣化やドアノブ修理、ドアノブ交換が必要になってしまう時がくるので、ドアノブの重要性を改めて見直し、修理や異常を発見してしまったらいち早く業者の方にドアノブ修理や交換を相談することが先決です。

鍵付きドアノブの種類

ほとんどのドアノブには鍵が付いています。ドアノブがおかしくなってしまった場合は鍵も使えなくなります。ノブと鍵は必ず密接な関係です。さて、鍵付きドアノブにはどんな種類があるのかご紹介します。まずは、インテグラル錠です。これは、ノブ丸玉の中心にカギ穴があるタイプでよく勝手口や事務所などのドアについている鍵付きドアノブです。次にチューブラ錠です。必要な機能が1本のチューブ状の箇所に収められているタイプです。ノブは丸玉タイプとレバーハンドルタイプが存在します。ケースロックはノブと鍵穴が別々の箇所に取り付けられておりマンションのドアや住宅の玄関にも使われています。これも丸玉とレバーハンドルタイプがあります。また、トイレや浴室によく使われているのは円筒状のドアノブでボタンで鍵を開けることが出来ます。これはドアノブ交換が非常に楽です。

ドアノブ修理をする

ドアノブは出入りするのに欠かせず、また出入り口は防犯面にも大きく関わりをもちますよね。ドアノブはほとんど鍵が付いているものも多いので開けられなくなってしまったということも起きてしまうかもしれません。ドアノブの異常を感じたら迅速にドアノブ修理を業者に依頼するようにしましょう。故障ついでにドアノブの交換をすればデザインも豊富なので家にあったスタイルのものを選ぶことができ、建物の外観にも大きく影響します。暮らしをよくするためにドアノブ修理、ドアノブ交換は必ずするように心がけましょう。