ドアノブから始めましょう

標準

一番触るものとして
私達の住まい環境にはとても色々な製品が存在しています。私たちは多くの製品によって暮らしを豊かにしているといっても過言ではありません。中でもよく私達が手で触り、最も触れている回数の多いものとしては何が有るのでしょうか。それはドアノブです。ピンと来る方もなかなか少なかったのではないでしょうか。住まいの部屋を区切るドアノブは、実は一番手に取る回数が多い製品となっていて、朝起きた際やリビングに向かう際、玄関から外へ出る際といつも触れているのです。そうしたドアノブであるために、今ご覧になっていることを機会として、ドアノブ交換を検討されてみてはいかがでしょうか。

ドアノブはここまで進化している
ドアノブの交換は、住宅環境の見直しとして行われる最初の一歩とも言えるのです。私たちは何よりも多く触れているものであるため、ドアノブ交換から住まいの見直しが図れることが理由として言えるでしょう。ドアノブ交換をオススメする理由としては、少子高齢化が挙げられます。ご家庭でもそれ以外でも、高齢者が多くなってきたため様々な用途で生活を助けることが出来るドアノブが注目されているのです。ドアノブは捻るタイプと下に押し込むタイプの2種類が存在し、その他にも様々なドアノブが登場しています。若い人たちに人気なものとしてデザインタイプのドアノブ交換が挙げられます。もともと中に埋め込まれているタイプのドアノブは、一度捻る部分を押すとドアノブが飛び出す仕組みになっているため、使用する以外では収納が可能な点から内装イメージをスッキリとしているという印象を空間にもたらしてくれるのです。様々なドアノブ交換をされているご家庭の背景には、一体何が有るのでしょうか。

ドアノブは脆い?
その理由として、ドアノブの劣化が挙げられます。日頃触るものの多くは、ドアノブ交換を定期的に行っていないご家庭では特に耐久度が弱くなっており長い間使用することが出来ません。私達は時として力の入れ具合が大きく変化してしまうため、その生活に合わせてしっかりとした形状で無ければとても長い間使用することが出来なくなってくるからです。ドアノブ交換をする理由としては、劣化が起こり部屋から出られないといった事態を回避することにも繋がります。ドアノブ交換をしていない場合は、ドアノブが急遽動かなくなり、部屋から出られないといったことが最近多く報告されています。時期的にも長年使用してきたドアノブの寿命が尽きたことが挙げられるでしょう。ドアノブ交換を行うことで、そうした事態を未然に防ぎ、高齢者にも優しいドアノブ交換を行えば、より住みやすい環境を築くことが出来るでしょう。私達の住まいの見直しは、ドアノブ交換から始めることが最善の一歩であると言えるのです。よりよいお環境を気づくためにも、ドアノブ交換から始めてみませんか?