ドアノブを見直そう

標準

よく手にするもの
近年、私達の住まい環境はどんどん改善されており、様々な暮らしに役立つものが増えてきました。以前では普通に思えていたものでも、見直してみればより良い状態のものが発見できるかもしれませんね。そんな暮らしの中で私達がよく手にするものとしてドアノブが挙げられます。部屋を仕切ることで、多くのレイアウトを楽しめるだけでなく、室内の空気の循環や冷暖房機器の効果増大など、部屋を仕切るドアは家族のプライベート空間を保つためにも重宝されています。そんなドアについているドアノブは普段からよく触るものですので、長年住まわれている家ではドアノブ交換がオススメされています。

ドアノブが危険?
ドアノブ交換を何故オススメされているのかというと、大まかに2つの利点が挙げられるからです。先ずは1つ目のドアノブの劣化についてお話していきましょう。ドアノブ交換が叫ばれているのは長年使用されてきたご家庭を対象としています。暮らしの中で様々なことが起こり、ストレスやお酒に酔っ払ってしまえば、ついついモノに当たりがちです。家に帰ってくるとドアを勢いよく開けたり、酔っ払って千鳥足の状態でドアノブにもたれかかったりしていませんか?またお子様が元気よくドアノブに触れることなどによって、基本的な耐久度は落ちてしまい内部構造に問題が起きてしまいます。こういったご家庭が少なくないため、ドアノブ交換を行っていなければ、ある日いきなりドアノブの故障により開けられなくなってしまい、部屋から出られないというトラブルにつながってきます。ドアノブ交換はこのようなトラブルを防ぐためにも検討すべき家庭の問題となっています。

高齢の方にも優しいドアノブ
2つ目はドアノブを開けやすい構造にすることです。少子高齢化に伴い、高齢のご家族と一緒に住まわれているご家庭が増えてきました。従来のドアノブでは手首を捻るタイプが多く、モノを持っている時には開けにくい構造でした。近年ではより開けやすい構造として、レバー式にドアノブ交換をした方がいいと言われているのです。レバー式は下に押すだけでロックが解除され、簡単にドアの開け閉めが出来ます。そのため高齢の方にも僅かな力でドアを開けることが可能となり、疲れにくい生活が約束されるのです。このことからドアノブは多くのご家庭で使われてきたものでありながら、改善をするべき対象であることがご理解いただけたかと思います。経年劣化してしまったを、ドアノブ交換によって家族全員が使いやすく疲れにくいものにしていくためにも、ドアノブ交換を検討しましょう。