ドアノブに服が引っかかりケガをしたり…。

標準

皆さんも普段生活をしていて必ずと言っても過言ではない程、ドアノブに手を掛ける事はありますよね。ドアノブとは言っても、色々なタイプの形の物が沢山あります。丸い形をした回すタイプの物から、レバーの形をしていてハンドルのように下へ引くタイプ等、様々です。勿論場合にもよりますが、ドアノブの交換をする際、どういった理由で交換するのか。皆さんはドアノブでケガをした経験はありますか?特に、冬の寒さも本格的になって来ているこの季節。長袖に上着等で手元を隠しがちになりますよね。また、手袋といった防寒具を手元に身に着ける方もいると思われます。そういった時にドアノブに手を掛けた時、ドアノブに服や手袋等が引っかかってしまい、そのまま腕を引いてしまってケガをしてしまった。とゆうケースが少なからずあります。そうなった場合、ドアノブの交換を視野に入れた事はありますか?特にご家族で暮らされている方、子供やお年寄りだとちょっとしたケガでも軽いケガで済まない場合があります。ドアノブに手を掛ける回数なんて1日で数ようとも思わないくらいある方の方が多いと思われますが、その分毎日触れる物となると、こういったケースが起こる可能性も高くなってきます。こんなご経験がある方、一度ドアノブの交換はできるのか?また、どんな形のがあるのか?等、相談してみてはいかがでしょうか?この機会に防犯対策も踏まえて見直してみたり、最近ちょっと開け閉めのがしずらくなってきた。等の故障が見られる場合、ドアノブの修理ついでに・・・と、1つのキッカケでいくつもの予防や対策にも繋がりますよね。毎日手を触れる物には、気を配ればそれだけ快適に過ごせるようになります。ドアノブの交換や修理を行う際は、この様な複数の事故を未然に予防、対策を行えると安心出来ると思います。