ドアノブを回すのにコツがいるようになったら

標準

ドアノブも劣化します
家を建てて時間が経つと、だんだんと傷んできます。ドアをきちんと閉めるためにドアノブの回し方にコツがいる、ドアノブをまわすためにある程度力が必要になってきた、そんなふうにドアノブも家とともに劣化してきます。
コツをつかみさえすればドアノブは機能するという状態ならまだ良いのですが、ある日突然ドアノブが回らなくなってドアを開けることができなくなって閉じ込められたり、家を出ようとしたらドアノブが取れてしまって玄関が開け放された状態で出かけられなくなったら大変です。大急ぎでドアノブ修理やドアノブ交換を手配しなければなりません。

意外に難しいドアノブ交換、ドアノブ修理
いざというときに困った事態に陥らないためには、ドアノブの様子がおかしいと気づいた時点でドアノブ交換、もしくはドアノブ修理をしておくとよいでしょう。DIYが流行っている昨今、ホームセンターに行けばドアノブは売っているし、ネットでドアノブ交換やドアノブ修理の情報もあふれています。しかし、ドアノブ交換やドアノブ修理は簡単ではありません。ドアノブ交換するためには、ドアノブ周りのサイズを正確に測り、メーカー名を確認し、同じ構造のものを探さなければなりません。ドアノブ修理するためには、原因箇所をつきとめ、ドアノブを外し修理後、正確に元に戻さなくてはなりません。下手に触って失敗し、ドアごと交換という最悪の事態も招きかねません。

専門業者に任せて安心
ドアノブ交換、ドアノブ修理を専門に行っている業者は各地にあります。特に玄関ドアは防犯の要です。異常を感じたら早めに業者へ相談したほうがよいでしょう。