ドアノブ修理をするなら

標準

ドアノブ修理は簡単に出来ないものも

ドアノブが壊れてしますと、扉の開け閉めが出来ないため、場所によっては非常に危険です。例えば玄関のドアノブが壊れてしまったら、家を出ることもままならないだけではなく、犯罪者の侵入を許してしまいます。そのため、もしもドアノブが壊れてしまったら、ドアノブ修理、場合によっては丸々ドアノブ交換をすることが必要になります。
ドアノブというのは複雑な構造をしているものがあります。また物によってサイズも違うため、まず各所正確に大きさを測ってから、ドアノブを探して取り付ける必要があります。ドアノブ交換はかなり細かい部品を慎重に組み合わせて行わなくてはならないため、安易にドアノブ交換を進めるのは危険です。

ドアノブ修理は難しい

ドアノブの調子が少しおかしいと感じた時にドアノブ修理を行えば直る場合もありますが、
ドアノブ修理はどこが壊れているかを正確に把握していない場合は行わない方が良いかもしれません。ドアノブ修理をしたことが無いという人はより注意深くなったほうが良いでしょう。

デザインにこだわったドアノブ交換

せっかくドアノブ交換をするなら、デザインにこだわったドアノブ修理をすることもオススメです。今まで握り玉式だったものを、ドアノブ交換してレバー式に変えることも良いでしょう。また、近年インテリアにこだわる人も多いですが、ドアノブの質感にこだわる人も多く、自分でドアノブ交換をしている人もいます。もし自分でドアノブ交換をすることが難しいという人は、業者にドアノブを取り付けてもらうのも良いかもしれません。

閉じ込められてしまう危険性

標準

ドアノブの劣化

今までたくさんお伝えしてきたように、ドアノブは年月が経つことによって劣化が起きてしまうことがあります。ドアノブが劣化すると、サビが発生することもあるので、うまくドアノブが回らなくなったり、ドアノブが取れてしまう場合があります。ドアノブが取れてしまうと、当然ドアを開け閉めすることが出来ないので、早急にドアノブ修理またはドアノブ交換する必要があります。また、ドアノブが壊れてしまうと、室内に閉じ込められてしまう危険性が出てきてしまいます。

室内に閉じ込められる

ドアノブがうまく回らない場合は、なんとかドアノブを回してドアを開けることが出来るかもしれません。でも、ドアノブが取れてしまった場合、そうはいきません。例えば、トイレで用を足し終わった後、ドアノブを回した瞬間ドアノブが取れてしまったとします。そうなると、内側からドアノブを回すことが不可能になり、トイレから出ることが出来なくなってしまいます。窓があるならば、外の誰かに大声で助けを求めることは出来るでしょうが、窓がないトイレだと、大声を出しても外の人に助けを求めることは出来なくなります。実際、過去にトイレに飛び込められるという事件が発生しています。ですので、少しでもドアノブに異常を感じた場合は、すぐにドアノブ修理・ドアノブ交換をされることをオススメいたします。

専門業者にドアノブ修理・交換を

ドアノブ修理とドアノブ交換をしっかりと行う為には、専門業者に依頼するという手があります。日本各地では色んな専門業者がいますが、ドアノブ修理と交換に対応した専門業者もいるのです。是非ご相談してみてください。