壊れやすいドアノブ

標準

ドアノブは、ドアの開け閉めの度に動くパーツですからどうしても故障しやすいパーツになります。また、無理な力を掛けたりするのもその原因となっているようです。
しかし、なんといっても壊れやすいということは、空き巣などの犯罪者にとっても大変ありがたいと思われてしまうものです。
特に、鍵とドアノブが一体型の円筒錠、インテグラル錠を使用する場合は、ドアノブをもぎ取るとドアを簡単に開けることができるので、注意が必要です。

ドアノブは、ドアに開けられた穴に軸を通して、室内側と室外側からネジやピンで止めた握り玉で軸を回転させることでドアの開閉を行うものです。円筒錠の場合は、ドアノブの中に更にシリンダー錠が仕込まれていて、ドアノブのラッチボルトが動かないように固定することで施錠を行います。ラッチボルトを固定するだけですので、ドアノブさえなんとかして排除すれば簡単に開けられます。
ドアノブ1つで空き巣がゆうゆう室内に入ることが出来るなんてなんとも恐ろしい話ですが、こうした簡単な鍵というのは、ガレージや勝手口には数多く使用されていますし、古いアパートでは今でもこの円筒錠がメインの鍵となっている例も少なくないのです。

円筒錠はあくまで補助鍵として扱うか、室外から見えるところに使うのは避けるのが賢明でしょう。
また、円筒錠やインテグラル錠をどうしても外に面するドアに使うときは、窓ガラスを付けない、ドアに補助錠を取り付けて、一つの鍵が壊れてもドアが開けられないようにするということも検討しましょう。