ドアノブの錆にご注意を!

標準

使えなくなるととっても不便です

ドアに必ず取り付けられているのがドアノブ。
当たり前のように取り付けられているので、
「もしドアノブがなかったら・・・」という想像をされることはなかなかないのではないでしょうか?
ですが、ドアノブも長い年月が経ってしまうと、何かしらの不調で故障してしまう可能性があるのです。
そういったケースが発生してしまったら、早いうちにドアノブ修理に特化した専門業者にご依頼する必要がありますが、
故障を誘発するケースの一つが錆になります。

ドアノブに錆

例えば、浴室に取り付けられているドアノブに錆ができてしまう場合があります。
これは主に湿気が原因のようです。
何故なら浴室というのは水とお湯を大量に使う場所。
それだけ湿気が多く発生するので、錆もできやすくなってしまうのです。
もし、ドアノブに錆ができてそのまま放置してしまうと、
最悪の場合、浴室の中に閉じ込められてしまう恐れがないとは言えません。
ですので、もしほんの少しでもドアノブの回転が悪くなっていましたら、
それは錆が原因である可能性が高いです。
上記で挙げた最悪の場合を想定して、一刻も早くドアノブ修理を業者にお願いするようにしましょう。

いつドアノブが故障するか分かりません

ドアノブの故障はいつ起こるかは決まっていません。中には数年程度で故障してしまうこともありますし、
逆に数十年持つこともあるようです。
いつ故障が発生するのかが分からないということは、明日いきなりドアノブが故障する可能性もあるということです。
ですので、ドアノブ修理は早めにお願いしましょうということなのです。