ドアノブの錆にご注意を!

標準

使えなくなるととっても不便です

ドアに必ず取り付けられているのがドアノブ。
当たり前のように取り付けられているので、
「もしドアノブがなかったら・・・」という想像をされることはなかなかないのではないでしょうか?
ですが、ドアノブも長い年月が経ってしまうと、何かしらの不調で故障してしまう可能性があるのです。
そういったケースが発生してしまったら、早いうちにドアノブ修理に特化した専門業者にご依頼する必要がありますが、
故障を誘発するケースの一つが錆になります。

ドアノブに錆

例えば、浴室に取り付けられているドアノブに錆ができてしまう場合があります。
これは主に湿気が原因のようです。
何故なら浴室というのは水とお湯を大量に使う場所。
それだけ湿気が多く発生するので、錆もできやすくなってしまうのです。
もし、ドアノブに錆ができてそのまま放置してしまうと、
最悪の場合、浴室の中に閉じ込められてしまう恐れがないとは言えません。
ですので、もしほんの少しでもドアノブの回転が悪くなっていましたら、
それは錆が原因である可能性が高いです。
上記で挙げた最悪の場合を想定して、一刻も早くドアノブ修理を業者にお願いするようにしましょう。

いつドアノブが故障するか分かりません

ドアノブの故障はいつ起こるかは決まっていません。中には数年程度で故障してしまうこともありますし、
逆に数十年持つこともあるようです。
いつ故障が発生するのかが分からないということは、明日いきなりドアノブが故障する可能性もあるということです。
ですので、ドアノブ修理は早めにお願いしましょうということなのです。

壊されないドアノブに

標準

ドアで区別する
ドア、特に玄関ドアは家と外部を区切る重要な部分を占めています。玄関ドアを一歩入ればプライベート空間であり、玄関ドアの向こうはパブリック空間。ですから勝手にプライベート空間に侵入してくる者をしっかりシャットアウトしなければ、大事な命や財産を守ることができません。そういう意味でもドアはとても重要なアイテムです。

シリンダー錠には注意
さて、その重要なドアには必ず錠前が付けられているはずです。みなさんの玄関ドアはどのような錠前でしょうか。2000年頃に流行していた錠前に「シリンダー錠」という錠前がありますが、これは比較的開錠が簡単で、プロの手ににかかればヘアピン一つであっという間に開錠出来てしまう脆弱さがあります。もしこの古いタイプの錠前をまだ使っているようでしたら、一刻も早く防犯性の高いものに交換されることを強くお薦めします。鍵を掛けていて掛けていないのと同じことだからです。

ドアノブ交換もしましょう
ところで開錠には強い錠前を取り付けているという方も安心しきってしまうのは危険です。何故なら錠前をカチャカチャと開けようとする空き巣ばかりではないからです。中にはドアノブを強引に壊して、そこから手を入れて鍵を開けてしまうようなケースも実際にあります。こうなってしまっては、いくら高機能な錠前を取り付けていても無意味です。ですから、防犯性の高い錠前に交換するのと同時に、ドアノブも簡単には壊れないよう丈夫なものに交換するようにしましょう。