思いがけないトラブル

標準

ドアノブについて

ドアにドアノブが取付けられているのは当たり前ですが、ドアノブが取り付けられているか取り付けられていないかで、その便利さには大きな差が出てくると思います。もしドアノブが取り付けられていないと、そのドアを開けることもままなりません。そんなドアノブがもし壊れてしまったら・・・と思うと、大変ですよね。でも、残念ながら、ドアノブが壊れてしまうケースは結構あるのです。なので、ご自分が使われているドアは大丈夫と思わないようにしましょう。普段からドアノブがいつ壊れてしまってもおかしくないという心掛けを持つことで、いくらか余裕な気持ちを持つことができると思います。

ドアノブをいじってドアを開けるネコ

室内でネコを飼われているご家庭で、ネコが直接ドアノブをいじってドアを開けるケースもあります。これは、レバータイプのドアノブしかできないことなのですが、そのネコは背を伸ばしてドアノブを下に押してドアを開けます。なかなか器用ですが、押す側でしか開けることができないので、引く側の場合、ネコは何度も何度もドアノブをいじったりします。それだけでそう簡単にドアノブが壊れるのは考えにくいですが、もしかしたら、何度もドアノブをいじるせいで、ドアノブが取れてしまう可能性もなくはないかもしれません。

早いうちに専門業者まで

早いうちにドアノブは修理するに越したことはないので、ドアノブ修理とドアノブ交換に対応した専門業者までご相談しましょう。