錆には要注意です

標準

色々な手が触れます

ドアノブは色々な手で触れます。皆さまや皆さまの家族、ご友人などの人の違いもありますが、手の状態の違いもあります。冷たい手や暖かい手、乾いた手や濡れた手など様々です。色々な違いがありますが、触れる手によってはドアノブの劣化を早める可能性があります。なるべく長くドアノブを使いたいのでしたら、どういった手がよくドアノブを触れるのかを考えてみましょう。ドアノブ修理やドアノブ交換の頻度を下げることができるかもしれません。

濡れた手には要注意です

色々な手で触れられているドアノブですが、中でも注意しないといけないのが濡れた手です。ドアノブの部分は金属部品が多いですので、濡れた手で触ってしまうとその中に水分が入り込んでしまったことで錆の原因になってしまいます。濡れた手は雨の日であったり、風呂上がりであったりと濡れた手をしている状況は幾つか考えられます。こうした手のままではドアノブに触らないようにしましょう。タオルなどで水分をしっかり拭ってからドアノブに手を置くと、ドアノブを長持ちさせることができるかと思います。

いざという時にはすぐにドアノブ交換

ドアノブが錆びたということは部品などが劣化している可能性が十分に考えられます。そうなるとドアノブを回した途端にどこかの部品が欠けたり、壊れたりする危険性があるのです。そうならないためにも濡れた手などでドアノブを触らないようにするというのは大切なことですが、もしも起こってしまった場合にはすぐにドアノブ交換かドアノブ修理をすることが大切です。ドアノブが壊れてしまっても慌てずにドアノブ修理、ドアノブ交換ができるようにドアノブの調子はよく見ておきましょう。使い勝手が悪くなってきたということでしたらすぐに対処をしましょう。