ドア周りの整備で防犯性向上

標準

玄関ドアは最終防衛線
マンションやアパートでは、玄関ドアが外との出入りに使われる唯一の出入り口ということも珍しくないので、空き巣などはここから侵入するわけですがここの防犯体制が意外と疎かになっていることが多く、まだまだ空き巣被害は絶えないものです。
そこで今回は玄関ドアに出来る防犯対策を幾つかご紹介します。

ドアの大規模改装はできないものです
とは言うものの、玄関ドアを大規模に改装することは殆どできません。徳に賃貸住宅だと出来ることも限られています。
そこで、小さいことでも効果的なものを幾つか挙げていくと、例えばサムターンガードは効果の高いものです。空き巣の侵入手口の一つに、ドアに穴を開けたり、郵便受けから手を突っ込んで室内側の鍵の操作ノブであるサムターンを直接回すことでドアを開けようとする単純な手口ですが、実はこれもかなりの被害を生んでいます。
これを防止するための器具がサムターンガードで、サムターンの周りにカバーを付けることで、簡単に触れられないようにしているものです。
また、郵便受けからの手の侵入を防ぐには、郵便受けに更に受け箱がついていると、妨害効果の高いものになります。直接外から室内が見えなくなるので、不在時狙いの人間に対しても効果的です。

ガードプレート設置もおすすめ
ガードプレートを設置することで、ドア枠とドアの隙間をこじることでドアを解錠する手口にも対応できる場合があります。特に外側から見て鍵のロックボルトが見えてしまうような古い構造のアパートのドアなどはドアガード設置でかなり防犯性が向上する場合がありますので、一度ご検討されてはいかがでしょうか。