ドア交換も大事です

標準

ドアは防犯の基本
空き巣が後を絶ちません。空き巣の6割が窓からの侵入と言いますから、窓が少ないマンション暮らしの人、或いはタワーマンションなどの高層階に住む人はつい安心してドアの防犯意識をなくしてしまいがちです。しかし空き巣は逆に、そんな無防備なマンション暮らしのドアを狙っているのです。どんな住まいであってもドアは防犯の基本です。気を抜くことなくドアにもしっかり防犯対策をするようにしましょう。もしドアやドアノブに不具合があるようでしたら、すぐにでも修理或いは交換をすることをお薦めします。

ドアノブについて
ところでドアの防犯性だけを追求すれば、カギをいくつもつけたり、電子鍵システムや指紋認証などの最新カギシステムを導入すればいいかもしれません。空き巣にはいられることを考えたら仕方ない部分もありますが、しかしあまりにも厳重すぎる防犯は、折角のドアのイメージを壊してしまいます。ドアは住まいの顔であり家の印象を決めるアイテムの一つですから、物々しいものにはしたくありません。そこで最近では、デザイン性の高い「ドアノブ」が少しずつではありますが増えてきているようです。鍵は厳重にしかし見た目はデザイン的に。そういうことも可能になってきています。ドアノブを交換する人はもしかしたら少数かもしれませんが、個性的で面白いことかもしれません。一度試してみてはどうでしょうか。

ドアの交換も大事です
防犯を考える時にはドアノブやカギだけに目が行きがちですが、ドア自身が錆びていたり、グラついていてはカギの意味もありません。時々ドアのメンテナンスもしながらドア全体で防犯性を高めていくようにしましょう。