ドアノブ交換のタイミング

標準

ドアノブはいつ交換するもの

ドアノブを交換するというイメージを持つ人は少ないかもしれませんが、実はドアノブを交換したほうがいいタイミングというものは存在します。
タイミングよくドアノブを交換することで、より快適な生活が手に入るかもしれません。
代表的なドアノブ交換の時期と言えば、ドアノブが壊れた時でしょう。壊れたドアノブをそのままにしておいても何もいいことはありませんでので、できるだけ早く交換してしまいましょう。

故障しなくても

ドアノブが故障していなくても、交換したほうがいいドアノブも存在します。例えば勝手口などに取り付けられていることがいいのですが、ドアノブと鍵が一緒になっているタイプのドアノブは防犯性能が非常に低いと言われています。
近年は防犯意識もどんどん上昇していますので、セキュリティーの甘い家は目立ってしまうのです。
ドアノブがセキュリティーの性能を下げているときにもドアノブ交換の時期と言えるでしょう。

耐用年数にも注意

どんなものにも耐用年数とういうものが存在します。耐用年数を超えたものはいつ壊れてもおかしくありません。壊れる前にドアノブ交換をしておきたいという時には耐用年数にも注意が必要です。
ドアノブを交換する際には、材質や形にも注目するといいでしょう。ドアノブの素材が変わればお部屋の雰囲気もかわりますし、形が変われば使い勝手も変わってきます。
大体のドアノブは、住み始めた時から取り付けられているものなので、交換するイメージがないかもしれませんが、必ずタイミングは存在するものなのです。