ドアノブの防犯性を考える

標準

・握り玉式の危険性

ドアノブの中には昔から存在している握り玉式というものがあります。円柱状のノブを握りそれを回して扉を開ける方式です。馴染みの深い握り玉式ですが、なかには注意が必要なタイプがあります。その1つが握り玉の中央に鍵穴があるタイプです。玄関ではあまり見なくなりましたが、勝手口や倉庫の入り口に使われているのを見ることがあります。このタイプのドアノブは鍵穴と一体化しているため、ドアノブが外れてしまったり、外されてしまったりすると簡単に扉を開けることができるのです。異常を感じた場合はそうなる前にドアノブ修理をオススメします。

・プッシュグリップ方式
戸建の住宅でよく見る方式の扉です。ハンドルに手をかけ軽い力で開くことができるプッシュグリップ方式であれば、力の弱いお年寄りやちいさなお子さんでも簡単に開けることが出来、鍵を2つ取り付けるツーロック式にすることで、防犯性も上がります。基本的に同じ鍵を使うため鍵の管理も楽です。ドアノブでの開け閉めが不便だと思うことがあれば、こういった方式にドアノブ交換しても良いのではないでしょうか。

・電子錠タイプ
最近では一般家庭でも見ることが多くなりました。暗証番号や、登録した指紋などでロックを解除できる電子式のドア錠です。上記のプッシュグリップ方式のドア錠と併用できるため、防犯性を高めたいという方にはオススメです。電子式のため、定期的な電池交換が必要ですが、万が一外出中に電池がけれても、鍵を使い手動で開けることも出来ます。防犯性と機能性に優れたタイプです。